会社概要

沿革

昭和22年 10月  大阪市南区河原町1丁目1547番地において、前社長柴峠正夫が製菓材料卸商として、アワジヤ商店を創立
昭和27年  8月株式会社アワジヤ商店に組織替えを行い、北海道から沖縄に至るまで業務を拡張する
昭和38年  4月 大阪市浪速区河原町2丁目1457番地に移転
鉄筋コンクリート4階建、延800平方メートルの自社ビルとなる
昭和41年  4月 奈良市学園町北1丁目(近鉄学園前)に、菓子部(洋菓子のアスター)を新設

販売店に製造工場が併設した店舗は当時珍しく、小売のモデル店となった
昭和44年  3月 家庭用菓子材料部のジャパンホームメイドケーキチェーン(Jhc)を新設

当時、家庭用の菓子材料が少なかったことが設立のきっかけである。近畿での家庭用ハンドミキサーの売上が97%を占めていた
昭和48年  9月 会社の称号を株式会社アワジヤに改称する
昭和50年  5月 アビコ営業所を開設
昭和55年 11月 Jhc藤沢店を開設
昭和61年  8月 アビコ営業所より住吉営業所に移転
総合管理センターを併設する
昭和62年 10月 現社長 柴峠隆士就任
平成元年  4月 奈良市押熊町にアスター平城店を洋菓子ロードサイド店のモデルショップとして新設
平成10年 1月 Jhcを藤沢店から移転して新設の湘南台店を開店する
平成18年  7月 時代のニーズに対応する為、業務用製菓材料部門と家庭用製菓材料部門を統合する
平成18年 11月 Jhc難波店を改装して、Jhcナンバ店と改称「商品いっぱい、情報いっぱい、笑顔いっぱい」をスローガンとして再出発する
平成24年 1月 アスター本店とアスター平城店を統合し、アスター平城本店とする。
平成26年 9月 今後の洋菓子店の新形態として店頭における作り立てケーキの販売を提唱するべく、アスター平城本店をシズリングショップと呼び、スタートさせる。